薄毛になりやすい原因

そもそも、薄毛になる原因って、なんだろうと思いますか?

たしかに遺伝とかあるとは思うけど、それだけじゃなく、頭皮環境とか生活習慣とかもあるようです。

たとえば、頭皮が硬くて冷たい場合、血流が悪くなり、その結果髪の栄養不足につながるわけです。

とはいえ、髪の毛は頭皮が硬いだけで、すぐに抜け落ちるわけではありません。

ただ、そのまま放置されていると血流不足につながります。それが良くないのです。

あと頭皮の過剰な皮脂も良くありません。

Ⅰ型5α-リダクターゼっていうのがあるんですけど、簡単にいうと男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変える酵素です。

 

頭皮の皮脂の過剰分泌は、Ⅰ型5α-リダクターゼが原因で起こります。指先で頭皮に押してみて、脂分が指に付着するような場合は、皮脂を落とすシャンプーを毎日の使うとかで対策してみるといいようです。

また、頭皮の環境が悪化しているバロメータになるのが、乾燥したフケやかゆみが起こる場合です。これは頭皮の保湿力が低下している目安になります。

 

頭皮の保湿を良好にしておくと弾力のある頭皮を維持することになります。なので保湿効果の高いシャンプーや育毛剤を使うことが大事です。

 

増毛を考えるようになりました。

このブログで、自分の薄毛の悩みを吐き出したいと思っています。共感できる人に見てもらえるとうれしいです。

はじめまして、30歳になったマサオと言います。
男としては若いうちから、髪が薄くなるというのは、本当に辛いものがあります。

僕は高校時代から、結構ヤバイって思っていました。元々髪が細い方なので、夏場とか汗をかくとぺしゃったした感じになっていました。
で、徐々に額が広くなっていき、同時にテッペンの方も地肌が透けてきて。。。(T_T)

 

二十歳になったころには、どう見ても若ハゲでした。泣きそうです。。。
でも、どうにか髪型をごまかしたりして、少しでも薄毛を目立たないようにしていました。何度もかつらにしようかとか増毛しようかと悩んだんですが、同じ職場環境の中で、いきなり僕の髪が増えるのって、違和感あるよなと思い、どうしても踏み切れませんでした。
確かにハゲを改善できるうれしさはありますけど、同時に周りからかつらだって思われるのはもっと辛くて。。。だったら、このままで、という思いだったんです。

ところが、今、実は仕事を辞めたんです。事業縮小で僕が所属した事業部が廃止になり、僕はリストラになってしまいました。

今は無職です。もちろん就職活動はしていますが、なかなか思うような職が見つからずにいます。幸い実家ぐらしなので、どうにかなっていますが。

ただ、こういう環境が変わるというのは、僕にとってはある意味チャンスなんですよね。この機会に、髪を増やせるかもって思っているんです。

新しい就職先が決まったとして、誰も僕のことを知らないわけですから、当然髪がフサフサになったとしても不自然さはないわけです。

千載一遇のチャンスだと思い、思いきって、増毛活動をしようと思っているんです。

一時は、ハゲをトレードマークにして、スキンヘッドにしようかとおもったんですが、どうしても性格的にできませんでした。

ってことで今、増毛についての情報収集をしています。
ちょっと楽しみです。♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ